株式会社ツカサテック

産業・環境プラント向け煙突の総合設計・工事施工・メンテナンス|一級建築士事務所

トップ > 技術・サービス > 煙突の損傷事例

煙突の損傷事例

経年劣化等により損傷した煙突をそのまま放置しておくと、その損傷は加速度的に進行します。このような煙突が地震や台風に見舞われると、折損・倒壊する等の大規模な損害が発生するおそれがあります。当社では年1度の定期点検をお勧めし、煙突の保守保全を総合的にサポートしています。

  • 鋼板製煙突の損傷事例
  • コンクリート製煙突の損傷事例
  • 煙突付帯設備の損傷事例

鋼板製煙突 損傷事例

  • 損傷写真01

    ライニング剥落に伴う筒身腐食

  • 損傷写真02

    ライニング剥落に伴う筒身腐食

  • 損傷写真03

    ライニング剥落に伴う筒身腐食

  • 損傷写真04

    筒身内面 アンカースタッドとの電位差腐食による穴あき

  • 損傷写真05

    筒身内面 アンカースタッドとの電位差腐食による穴あき

  • 損傷写真06

    筒身溶接部の腐食・破断

  • 損傷写真07

    鉄塔部材の穴あき

  • 損傷写真08

    鉄塔部材の穴あき

  • 損傷写真09

    支持鉄塔 継手・仕口部の腐食

コンクリート製煙突 損傷事例

  • 損傷写真10

    コンクリート製煙突 内部レンガの頂部損傷

  • 損傷写真11

    内部レンガのクラック損傷

  • 損傷写真12

    外部クラックと浮き

  • 損傷写真13

    外壁の剥落

煙突付帯設備の損傷事例

  • 損傷写真14

    昇降タラップの握り棒付け根の腐食

  • 損傷写真15

    昇降タラップの腐食による穴あき

  • 損傷写真16

    昇降タラップの背カゴ破損

  • 損傷写真17

    頂部手摺りの損傷

  • 損傷写真18

    煙突頂部避雷針(突針・支持管)の腐食による折損

技術・サービス

ページのトップへ戻る