株式会社ツカサテック

産業・環境プラント向け煙突の総合設計・工事施工・メンテナンス|一級建築士事務所

トップ > 技術・サービス > 煙突の点検調査・診断 > コンクリート製煙突の点検・診断

鉄筋コンクリート造煙突の点検・診断

点検調査方法

  • 外壁調査
  • 01.筒身の外壁調査

    梯子やゴンドラを利用し、目視によりクラック発生状況を、テストハンマーの打撃により表層コンクリートの浮き・剥離状況を調査します。

  • 非破壊圧縮強度測定
  • 02.非破壊圧縮強度測定

    長時間、熱を受けるとコンクリートの圧縮強度や静弾性係数は低下します。測定機器(シュミットハンマー)を使用し、躯体コンクリートに打撃を与え非破壊圧縮強度を測定します。

  • 直接破壊圧縮強度測定
  • 03.直接破壊圧縮強度測定

    踊場やゴンドラを利用し、コンクリートコア(φ100×壁厚)を全高より3ヶ所以上抜き取ります。採取したコアを直接破壊試験にかけ、中性化深さ、圧縮強度を測定・分析します。
    ※コア採取箇所は、成形コンクリート柱およびシーリング材で埋め戻します。

  • 内部調査
  • 04.筒身の内部調査

    煙突内部ライニング材の損傷は、躯体コンクリートの劣化を速めます。ライニング材の材質変化と損傷度を調査し、今後の耐久性能を評価します。

  • 安全設備・付帯設備の調査
  • 05.安全設備・付帯設備の調査

    踊場の床材や手摺り、昇降設備、避雷設備、航空障害灯設備を対象に点検を行います。

技術・サービス

ページのトップへ戻る