募集職種&仕事内容

設計施工の一貫体制

当社はコンビナート等にそびえ立つ高層煙突等の設計×施工を一気通貫で手がける、業界内でも珍しい煙突専門エンジニアリング企業として2003年6月に設立しました。設立から19期目を迎えた当社には関西エリアだけでなく、全国の大手企業からの依頼が数多く寄せられています。
そんな当社では単なる現場監督や設計者ではなく、お客様が抱える問題を技術力で解決するエンジニアの育成に力を入れています。
『煙突』という構造物から企業の事業活動、そして社会に大きく貢献できる仕事に取り組んでみませんか?

点検風景
点検風景
工場検査
点検風景
設計業務
工場検査

募集職種

設計職
設計職(構造設計)
煙突の構造設計では、竣工してからその役目を終えるまで煙突に働くと想定される荷重や外力(地震や台風等を含む)に対して構造的に安全な設計をする必要があります。 構造設計技術者は、建築設計の中でも縁の下の力持ち的な重要な役割を果たしています。国家資格取得に向けてのバックアップは勿論のこと、自身が設計した煙突の施工管理業務にも携わることができるため、より実践的な設計力が養われる環境です。
入社後は、(二級建築士 →)一級建築士 → 構造設計一級建築士(※)の資格取得を目指します。

※受講資格:「一級建築士」として5年以上の構造設計の業務経験を有する者。
施工管理職
施工管理職
施工管理職はプロジェクトの着工~竣工までの管理をおもに行います。
現場では工事を円滑に進めるため、協力会社や発注者との調整を行ったり、設計図書通りの品質か、また、作業が工程に沿って安全に進められているか等の管理業務を担当します。現場監督とは異なり、工事計画書や実行予算書、完了報告書の作成をはじめ積算業務等、デスクワークが多いのも施工管理職の特徴です。
入社後は一級建築施工管理技士の資格取得を目指します。
engageからエントリー
あさがくナビ2022
ページのトップへ戻る