株式会社ツカサテック
 
HOME企業情報技術情報工事実績損傷事例採用情報お問い合わせ
HOME > 技術情報 > 煙突の炭素繊維工法 > 炭素繊維の特徴・使用材料

炭素繊維の特徴・使用材料

炭素繊維の特徴
 
炭素繊維の特徴
使用材料
CFストランド 炭素繊維素材を12,000本重ねたもので、高い引っ張り強度(鉄の10倍)を有し、施工時には軽さとしなやかさを併せ持っています。
RC部に施工する場合には、エポキシ樹脂槽を一定の時間潜らせた後、巻付ロボットにより被補強物に巻き付けていきます。
CFシート 炭素繊維を一方向(Uni Directional)に引き揃えたもので、ガラス繊維により繊維がバラけることのないように作られています。施工時には、軽さとしなやかさを併せ持っています。RC部に施工する場合は、エポキシ樹脂でサンドイッチしながら貼り付けていきます。(工事施工例をご参照下さい。)
エポキシレジン 炭素繊維シートを被補強物(コンクリート、鉄板等)に密着させるためのエポキシ樹脂系接着材です。
エポキシプライマー 炭素繊維補強する前に塗布する前処理材で、エポキシレジンの中の成分がコンクリートに吸い取られることの無いようにします。
 
 TOP
 企業情報技術情報工事実績損傷事例採用情報お問い合わせサイトマップ
技術情報
煙突の新設・更新
煙突の点検・耐震診断
煙突の補修・補強
煙突の炭素繊維工法
特徴・使用材料
補強工法の比較・補強効果
現場施工手順・工事施工例
煙突の解体
煙突のライニング工事
ビル煙突の点検・補修
墜落防止装置の設置
その他
 
設計・工事実績