株式会社ツカサテック
 
HOME企業情報技術情報工事実績損傷事例採用情報お問い合わせ
HOME > 技術情報 > 煙突の炭素繊維工法 > 現場施工手順・工事施工例

現場施工手順・工事施工例

現場施工手順
1)施工前状況 2)下地ケレン 3)外壁補修
煙突全景(施工前) 煙突筒身の下地ケレン中 煙突筒身のVカット作業中 煙突筒身のモルタル補修
  煙突全景(施工前) コンクリート表面の凸部はグラインダー等で削り落とし平滑化する。 ひび割れ 剥落部・浮き部
1.表面パテシール加工
2.エホ°キシ樹脂低圧注入工法
3.Vカット、樹脂(モルタル) 充填工法
・剥落危険箇所撤去、モルタル復旧工法
・ピンニング+全面接着工法
4)不陸調整 5)プライマー塗布 6)エポキシ樹脂下塗 7)炭素繊維貼付(タテ)
煙突筒身(不陸調整後) 煙突筒身へのプライマー塗布 エポキシレジン下塗り 炭素繊維タテ貼り
凹部のパテ埋め
凸部の削り取り
※平滑にする。
許容値は1mm以内

エポキシ樹脂系プライマーの主剤・硬化剤を所定の配合比で混練しローラー刷毛で均一に塗布する。 エポキシ樹脂の主剤・硬化剤を所定の配合比で混練し、エポキシレジンをローラー刷毛で均一に塗布する。 所定の大きさに裁断した炭素繊維シートを、エポキシレジン塗布面に貼り付ける。
8)炭素繊維貼付(ヨコ) 9)エポキシ樹脂上塗 10)仕上げ塗装 11)施工完了
炭素繊維ヨコ貼り エポキシレジン上塗り 煙突筒身(仕上げ塗装) 煙突全景(施工後)
所定の大きさに裁断した炭素繊維シートを、エポキシレジン塗布面に貼り付ける。  エポキシレジンを貼り付けた炭素繊維シート表面に再度塗布する。
(6)〜(9)を所定回数繰り返す
施工は各塗料の施工標準に
準じて行う。
  煙突全景(施工後)
 TOP
工事施工例
炭素繊維(施工例) 炭素繊維(施工例) 炭素繊維(施工例) 炭素繊維(施工例)
GL+33m 外筒:GL+49m
内筒:GL+55m
GL+55m GL+75m
 ※写真の上にポインタをあわせると、施工後の写真が表示されます。
 TOP
 企業情報技術情報工事実績損傷事例採用情報お問い合わせサイトマップ
技術情報
煙突の新設・更新
煙突の点検・耐震診断
煙突の補修・補強
煙突の炭素繊維工法
特徴・使用材料
補強工法の比較・補強効果
現場施工手順・工事施工例
煙突の解体
煙突のライニング工事
ビル煙突の点検・補修
墜落防止装置の設置
その他
 
設計・工事実績