株式会社ツカサテック
 
HOME企業情報技術情報工事実績損傷事例採用情報お問い合わせ
HOME > 技術情報 > 煙突の解体 > 解体工法の比較

解体工法の比較

鉄筋コンクリート造煙突解体において、一般的な解体工法は概ね下表のとおりとなります。
現場環境、煙突規模(高さ・径など)等によって最適な解体方法を選定し、また組み合わせることによって、より効果的かつ安全な現場施工を行います。
 
煙突解体工法の比較
コンクリート解体工法の比較
解体工法 詳 細
ハンドブレーカー大割り工法 作業員がハンドブレーカー(解体機械)を使用し、コンクリート躯体を大きく割り(畳大の大きさ)、地上に降ろした後、クラッシャー付バックホー等で細かく砕く工法。ただし、煙突内径が小さい場合には、大割りしたコンクリート片を落下させることができないため、適用できない。
煙突周辺が広く、大型クレーンが近寄ることができる場合には、輪切りにして吊り降ろす工法が適用できる。
ハンドブレーカー総突き工法 作業員がハンドブレーカー(解体機械)を使用し、コンクリート躯体を細かく突き崩しながら解体する工法。内径の小さな煙突、狭い場所に立つ煙突の解体に適しているが、すべて人力のため作業効率が低く、コスト高になる。
サイレントクラッカー工法 低騒音・低振動解体工法の一種で、当社開発の油圧破砕機(サイレントクラッカー)を使用し、コンクリート躯体を細かく突き崩しながら解体する工法。幾分、コスト高ではあるが、騒音の気になる住宅周辺地に立つ煙突を解体する場合に適用される。 
大型機械解体工法 先端に油圧破砕機を取り付けた大型機械(バックホーまたはブーム付専用機械)により、コンクリート躯体を解体する工法。大型機械のブームが目的の場所に届かない場合には、大型クレーンで油圧破砕機を吊り上げて解体することも可能。
ただし、この場合は、大型クレーンと大型バックホーの2台が設置できるだけのスペースが必要となる。
引き倒し工法 煙突周辺に障害物が無い場合(幅:躯体幅+10m、長さ:躯体長さ+10m)に適用される工法で、最も安価に施工することができる。この場合、地面養生(砂敷き)対策が必要。
油圧バッカー工法 筒状の油圧シリンダーを挿入し、放線方向に油圧で押し広げて解体する工法。
 TOP
煙突の解体工事例
鉄塔支持型煙突ブロック解体 鉄塔支持型煙突ブロック解体 鉄塔支持型煙突ブロック解体
 鉄塔支持型150m煙突 クレーンブロック解体 
クレーン吊り下げ工法による解体 クレーン吊り下げ工法による解体 ダイオキシン対策を行った解体
 RC27m煙突 油圧圧砕機クレーン吊り下げ工法による解体 ダイオキシン対策を行ったオンサイト解体
鉄塔支持型煙突ブロック解体 鋼板製自立型煙突クレーンブロック解体 Now Printing
 鉄塔支持型150m煙突 
 クレーンブロック解体
 鋼製自立型80m煙突
 クレーンブロック解体
 
TOP
 企業情報技術情報工事実績損傷事例採用情報お問い合わせサイトマップ
技術情報
煙突の新設・更新
煙突の点検・耐震診断
煙突の補修・補強
煙突の炭素繊維工法
煙突の解体
解体工法の比較
サイレントクラッカー工法
煙突のライニング工事
ビル煙突の点検・補修
墜落防止装置の設置
その他
 
設計・工事実績